上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
はい、というわけで、今日はエクストリームのモア・ザン・ワーズをお送りします。

80年代が基本的には好きなんですけど、90年代もやっぱりいいですね。

90年代というと、僕は大学で4年間ひたすらバンドに打ち込んでいたわけで、バンドでコピーしてた曲とかは、今聴いても、当時の学祭とか、スタジオの空気とかを一瞬で思いだしますね。

このモア・ザン・ワーズも当時、すごくよく聴いていた曲で、エクストリームの最大のヒット曲ですね。

エクストリームはアルバムも買いましたが、もう一つ他の曲は記憶に残ってなくて、やっぱり、モア・ザン・ワーズは突出していると思います。

今の僕のiphoneは、かなり曲を厳選してチョイスしてるけど、この曲はしっかりと健在です。

ヌーノ・ベッテンコートってギターうまいし、かっこいいですよね。

ゲイリー・シェローンはヴァン・ヘイレンに加入してびっくりしたけど、もう一つしっくりしてなかった…

その後、デビッド・リー・ロスに戻ったみたいだし、今は何をやっているのでしょうか…




■More than words by,Extreme Lyrics

Saying I love you
Is not the words I want to hear from you
It's not that I want you
Not to say, but if you only knew
How easy it would be to show me how you feel
More than words is all you have to do to make it real
Then you wouldn't have to say that you love me
'Cause I'd already know

What would you do if my heart was torn in two
More than words to show you feel
That your love for me is real
What would you say if I took those words away
Then you couldn't make things new
Just by saying I love you
More than words

Now that I've tried to talk to you and make you understand
All you have to do is close your eyes
And just reach out your hands and touch me
Hold me close don't ever let me go
More than words is all I ever needed you to show
Then you wouldn't have to say that you love me
'Cause I'd already know

What would you do if my heart was torn in two
More than words to show you feel
That your love for me is real
What would you say if I took those words away
Then you couldn't make things new
Just by saying I love you

More than words


モア・ザン・ワーズ by,エクストリーム 歌詞(日本語訳)
言葉なんかよりももっと簡単に 感情を表してくれたほうが
よっぽどいいのに そしたらわざわざ ボクを愛してるなんて
わざわざ口で言わなくても済むだろう
そしたら僕だってすぐ分かるのに

※もしも僕のハートが2つに引き裂かれたら
君は何をしてくれる?
言葉以上に 僕に対する君の愛が 本当だって
気持ちをそのまま表してくれさえすればいいんだ
だってそのささやきを僕が取ってしまったら
君は一体何て言うつもり?
そしたらただ「アイラブユー」って言うだけじゃ
何の変化もないんだよ
言葉よりも 言葉なんかよりも

そうして僕はこうやって
君と話して分からせようとしてるわけだ
君はただ目を閉じて
手をさしのべてくれさえすればいい

そして僕に触れて そばへ引き寄せて
絶対に離さないでおくれ
言葉なんかよりも 僕が必要としていたのは
君が感情をそのまま表してくれること
そしたらわざわざ 僕を愛している なんて
言わなくても良かったのに
だって僕にはそれで十分分かったんだから

※くりかえし


当時、アンプラグドな曲としてはミスター・ビッグのto be with youも同じころに流行っていて、比較されるようなこともありましたが、僕は個人的には圧倒的にモア・ザン・ワーズのほうが好きです。

ミスター・ビッグだったら「Green-tinted Sixties Mind」が一番好きです。

また、このブログで紹介します。

▼このアルバム持ってます…



このブログのスポンサーブログ

美白・美肌になる方法

キレイになる方法

シミを消す美白になる

ニキビ痕

リプロスキン



スポンサーサイト
2012.09.20 Thu l Extreme l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。